当院について

院長挨拶

とみた整形外科

ホームページをご覧いただいている皆様方、当院に興味を持っていただき誠にありがとうございます。 私は2020年4月1日より、ハートランド円山ビル3Fでfクリニックまるやまから診療を引き継ぎ、「とみた整形外科」を開設します院長の冨田文久(とみたふみひさ)です。

私は福島県の伊達町という桃の生産が盛んな町の出身で、北海道に惹かれ北海道大学に入学し、多くの友と出会いました。卒業後はそんな友と北海道大学整形外科学教室に入局し、これまで道内の主要都市の公立病院で整形外科全般の診療に携わる傍ら、北海道大学医学部研究生として膝前十字靭帯損傷の基礎研究を行い、医学博士を取得いたしました。そのためその後は膝疾患を中心に、手術治療(人工関節置換術や関節鏡手術)と保存治療(注射やリハビリ)の両方を行い、多くの患者様の膝の痛みと向き合ってきました。そして前職のクリニックでは膝だけでなく、上肢、下肢、脊椎に及ぶ整形外科全般の疾患に対して保存治療中心に診療を行ってきました。

私が思うこれまでの臨床経験から得た診療に最も大切なことは、患者様及びその家族との信頼関係です。私は診療において常にそのことを意識し、患者様の訴えを聞き、まずはそれに沿った診察および治療を行います。従って当院では患者様と医師、スタッフがそれぞれ信用と信頼の関係を築き、ともに目標に向かって進んでいくことを診療理念としています。

現在日本では新型コロナウィルスの感染拡大により患者数は1500人を超え、不要不急の外出を控えるように指導され、特に高齢者では自宅に引きこもることが多く、運動不足による心肺機能および下肢筋力の低下が懸念されます。当院のリハビリテーションでは自宅で簡単にできる筋力訓練の方法を指導しますので、活用していただければ転倒リスクの改善にもつながると考えます。

令和2年3月30日

とみた整形外科

院長 冨田 文久

略歴

平成3年3月
 北海道大学医学部卒業
平成3年5月
 北海道大学医学部付属病院整形外科
平成4年4月
 市立釧路総合病院整形外科
平成5年4月
 市立旭川病院整形外科
平成6年4月
 美唄労災病院整形外科
平成7年4月
 倶知安厚生病院整形外科
平成8年4月
 国立養療所札幌南病院整形外科
平成9年4月
 国立登別病院整形外科
平成10年4月
 札幌逓信病院整形外科
平成12年4月
 美唄労災病院整形外科
平成13年4月
 市立釧路総合病院整形外科医長
平成18年4月
 岩見沢市立総合病院整形外科部長
平成23年4月
 我汝会さっぽろ病院
平成29年4月
 リラ整形外科クリニック副院長
令和2年4月
 とみた整形外科開院

専門医

平成14年12月
 医学博士
日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本体育協会認定スポーツドクター

当院の診療理念

クリニック理念図

患者様と医師、スタッフがそれぞれ信用と信頼の関係を築き、
ともに目標に向かって進んでいくことを基本理念としています

スタッフ写真

当院の特徴

クリニック理念

患者様の訴えを大切にする診療

症状について一番わかるのは患者様本人です。
本人の訴える痛みの部位付近が実際の痛みの原因の部位と考えています。そのため患者様から直接お話を聞くことを大切にした診療を行っています。

まずお話を聞き、直接痛みの部位を触って場所を確認、その後で画像診断に移り、痛みの原因を探ります。
大事なことは痛みの原因をはっきりさせ、患者様が病気に関して理解し、自覚していただくことです。
画像診断の中で特にMRI検査は情報量も多く、診断に必要不可欠な検査であり他施設での撮影をお願いしますので、ご理解いただきたいと思います。

クリニック理念

ひざの病気に対する豊富な経験

原因が判れば治療法を考えていきます。
私はこれまで多くの患者様のひざのケガや加齢変化に対して手術治療または保存治療を行ってきました。どちらの治療方法にも利点と欠点があります。
特に手術治療は整形外科にとって必要不可欠な治療法であり、効果も大きく、有用です。
しかし患者様の中にはできるだけ手術を避けたいという考えがあるのも事実です。それを理解したうえで治療方針として、まずは保存治療を行い痛みの軽減を目指します。これまでの治療経験から患者様に的確なアドバイスまたは治療ができると考えています。

クリニック理念

治療方法のご提案

保存治療の中心は消炎鎮痛薬を中心とした内服治療、注射、リハビリテーションです。当院ではまずは病状に応じた量の内服薬で痛みの軽減を図ります。副作用の発生をできるだけ少なくしたいため、投与量を通常より少なく処方する薬もあります。

再診時に薬の効果をお聞きして投与量を調整します。投薬で痛みの軽減がなければ関節内注射や腱鞘内注射、さらにブロック注射などの注射による痛みの部位への直接の治療を考えます。痛みの原因の部位と注射の部位が一致した場合は、効果は内服薬より早く実感できます。
しかし注射が苦手な患者様もおりますので注射を行う場合は必ず相談して無理に行うことは致しません。

もう一つ治療の重要な柱がリハビリテーションです。
リハビリ担当の療法士が患者様の当日の痛みの部位や程度を伺い、それぞれにあった療法を行っていきますので、遠慮なくお話をしてください。丁寧にお答えいたします。